淡路島びらき「うずしおまつり」2017年3月12日(日)

海と日本プロジェクトinひょうご

淡路島に春の観光シーズン到来を告げる「うずしおまつり」が開幕しました。
南あわじ市の福良港では地元の観光関係者がテープカットをして島開きを祝ったあと、観光客と一緒に観潮船に乗り込み、鳴門海峡に向け出航。船上では一日船長に任命された「クイーン淡路」らが豊漁を願って「桜鯛」を放流したほか、古事記に由来する「酒樽流し」の儀式が行われ船の安全を祈願しました。
乗船した観光客らは晴天の中、雄大な渦潮を見て歓声を上げていました。
淡路島では5月末まで様々なイベントが行われ本格的な観光シーズンを迎えます。また、小学校では起震車の体験や東日本大震災の被害を写したパネル展示も行われ、参加した人たちは命を守る方法について改めて考えていました。

うずしおまつり

ページ上部へ戻る