12月24日(日)「カニサンタ」から豪華景品をプレゼント

海と日本プロジェクトinひょうご

24日のクリスマス・イブ。豊岡市の城崎温泉では「カニサンタ」から豪華なプレゼントが贈られる恒例のイベントが開かれ、観光客が一喜一憂しました。 このイベントは、城崎温泉を訪れた観光客に楽しい思い出を作ってもらおうと、毎年クリスマス・イブに地元の観光協会が開いているものです。 駅前の広場では、城崎温泉のマスコットキャラクター、ジョー君とサキちゃんが盛り上げる中、200人の観光客がイベントに参加。地元産の豪華景品が当たる特大ルーレットに挑戦しました。 景品獲得のチャンスを得た人は抽選に臨み、赤が出れば、津居山産の高級マツバガニが贈られます。景品として但馬牛やお菓子も用意され、受け取った人は、思いがけないクリスマスプレゼントに大喜びでした。一方、神戸市東灘区の自動車販売店では、昨夜、ハイブリッドカーの電気を使ったクリスマスツリーの点灯式が行われました。点灯式は、公募で選ばれた小学5年、中川桜(はな)さんのアイデアで実現したもので、自分で描いた絵が動き出す「紙アクアリウム」のイベントも開催され、クリスマスムードを盛り上げました。

関連記事

ページ上部へ戻る