6月12日(月) 金色のオニオコゼ見つかる

海と日本プロジェクトinひょうご

とても珍しい金色に輝くオニオコゼが、兵庫県香美町で見つかりました。
地元の鮮魚店で展示され、早くも、街の注目を一身に浴びています。こちらが、その金色に輝くオニオコゼです。体長30㎝、体重560gほどで、きのうの朝、香住港近海のアナゴなどを狙うカゴ漁で捕獲されたものを、鮮魚店「かに市場」の店長が譲り受けました。
通常のオニオコゼは、ほとんどの個体が黒や茶色ですが、金色のオニオコゼは、天敵に狙われる可能性が高く、生きて見つかるのはとても珍しいということです。
とても縁起が良さそうな金色のオニオコゼ、1週間から10日ほど展示されるということです。

ページ上部へ戻る