イベント
2018.04.27

コンサートパフォーマンス「ときはいま」紫陽花咲きやがて橋渡らむ之巻

世界で活躍する明石生まれ、神戸育ちのピアニストでアートディレクターの牧村英里
子が、時と海をテーマにした「あかし本」(神戸新聞明石総局編、記者・金山成美)
を原案に手掛けるコンサートパフォーマンスの第3弾。
今回は、明石海峡大橋を一望できる兵庫県水産会館が舞台。第1部はピアノ演奏と演
劇を中心としたコンサートパフォーマンス、第2部は「ときはいまの夕餉(ゆう
げ)」と題した兵庫県産特産物による夕食会の2部構成。特産品がいかに作られたか
というストーリーを盛り込みつつ、「食は人なり」のコンセプトを軸に監修担当の指
導の元、食材の持つ滋味をシンプル且つ秀れた調理法で引き出します。

イベント詳細

イベント名コンサートパフォーマンス「ときはいま」紫陽花咲きやがて橋渡らむ之巻
日程2018年6月16日(土)18時30分開演(18時開場)
場所兵庫県水産会館(JR・山陽明石駅徒歩14分、山陽人丸前駅徒歩7分)5000円 ※未就学児の入場はご遠慮願います。
主催明石文化芸術創生財団(電話:078・918・5085)、アートコレクティブ「ときはいま」明石文化芸術創生財団(電話:078・918・5085)、アートコレク ティブ「ときはいま」HP:http://www.accf.or.jp/ 神戸新聞HP 牧村英里子コラム https://www.kobe-np.co.jp/rentoku/essay/P20171026MS00135.shtml
\ 記事をシェアしよう /
X LINE ニュースを共有

関連リンク

【おすすめイベント】夏休み!世界最大級の「イソテルス」に会いに来て!
イベント
2024.07.19

【おすすめイベント】夏休み!世界最大級の「イソテルス」に会いに来て!

【参加者募集】第3回こども海の文学賞
イベント
2024.07.18

【参加者募集】第3回こども海の文学賞

ページ内トップへ