お知らせ
2024.05.29

【播州】大迫力!「ペーロン競漕」に約1700人参加

播州地方に、初夏の訪れを告げる「相生ペーロン祭」のメイン行事「ペーロン競漕」が、

5月26日に兵庫県相生市で開かれ、手こぎの船が相生湾を駆け抜けました。

1つの船に32人が乗り込み、勇ましい太鼓やドラのリズムに合わせて、力強く船をこいでいきます。

 

ペーロンは、中国の船「白龍」がなまったものと言われ、

相生市では、大正時代に旧播磨造船所の従業員らが始めたとされます。

 

102回目となる2024年の「ペーロン競漕」には、県内外から54チーム、約1700人が参加しました。

参加者たちは、爽やかな汗を流しながら、

往復600メートルのコースで速さを競い、相生湾を駆け抜けていました。

一糸乱れぬ動きで船をこぐ選手たちに、見物客からは大きな歓声があがっていました。

【ペーロン祭り】2

 

\ 記事をシェアしよう /
X LINE ニュースを共有

関連リンク

明石市内の園児・児童による「たこつぼ絵付け」
お知らせ
2024.07.08

明石市内の園児・児童による「たこつぼ絵付け」

「海の栄養を豊かに」神戸市漁協が須磨海岸沖で試験調査
お知らせ
2024.07.05

「海の栄養を豊かに」神戸市漁協が須磨海岸沖で試験調査

ページ内トップへ