「給スイカステーション」プロジェクトとは?

2018-7-12
海と日本PROJECT in ひょうご
夏真っ盛り!海遊びが楽しい季節になってきましたが、海を安心・安全に過ごすためのそなえは万全ですか?「給スイカステーション」は、海のそなえソーシャルアクションプロジェクトの一環と
して、『海辺での熱中症対策を呼び掛ける』運動です。
http://kyusuika.uminohi.jp/
気象庁の発表によると、日最高気温が35°C以上(猛暑日)の日数は1931年~2016年で増加しており※1、それに伴い、熱中症の救急搬送者もこの数年大きく増加しているといわれています。※2
※1「気候変動監視レポート」2017年発表
※2環境省熱中症予防情報サイト
特に海では、体が濡れているため脱水症状に気づきにくいそう。そこで注目したのが夏の風物詩であるスイカ。
 
90%以上が水分でミネラル豊富なスイカは、食べるスポーツドリンクとも呼ばれているんですよ!海辺での熱中症対策にピッタリなスイカが味わえる「給スイカステーション」は全国で設置されますので、海のそなえを美味しく学びにお立ち寄りください!
 
兵庫県では、7月16日(祝月)シーパル須磨で開催します!
 
 
Qsuika04
 
 
イベント名「給スイカステーション」プロジェクトとは?
日程7月16日(祝月)午後2時~
場所シーパル須磨 〒654-0055 兵庫県神戸市須磨区 須磨浦通1−1−1

関連リンク

ページ上部へ戻る