レポート
2019.11.06

日本海でズワイガニ漁解禁 豊岡で初セリ

冬の食卓を彩るズワイガニの漁が6日、日本海沖で解禁となり豊岡市で初セリが行われました。

冬の味覚として人気のズワイガニ。
漁が7日、午前0時に日本海沖で解禁となり豊岡市の津居山港でも解禁に合わせて6日夜遅くに14隻が出港。

漁を終えて港に戻った船からは、50センチから60センチのズワイガニが水揚げされ、大きさ別に分けられました。

山陰付近で水揚げされたズワイガニのオスは、マツバガニと呼ばれ、但馬地域の特産品として人気です。

県内のマツバガニの漁獲量は減少傾向にあり、解禁初日の水揚げ量は例年よりやや少なめだということです。

マツバガニの漁は2020年3月20日までとなっています。

\ 記事をシェアしよう /
X LINE ニュースを共有

関連リンク

名称未設定のデザイン - 1
レポート
2024.07.10

地元の魚と触れ合う「とれぴちフェスタ」にいってきました!

淡路の海と漁業の歴史を体感する「漁具展示館『丸幸』」
レポート
2024.05.25

淡路の海と漁業の歴史を体感する「漁具展示館『丸幸』」

ページ内トップへ