2017年11月20日(月)冬の味覚 相生湾で養殖カキの水揚げが最盛期

2017-11-20
海と日本PROJECT in ひょうご

冬の味覚、カキの水揚げが相生湾で本格的に始まっています。カキの産地として知られる相生湾では、漁船が朝から沖合に繰り出し、養殖いかだで育ったカキをクレーンで次々と引き揚げていきます。水揚げされたカキは、近くの加工場で殻を外し大きさごとに選別されます。 相生湾のカキは栄養分が豊富な海水に恵まれ、うま味があって熱しても身が縮みにくいのが特長。これから寒くなるほど、大きく育ち甘みも増すということです。カキの水揚げは2018年3月末まで行われ、およそ700トンの出荷が見込まれています。

関連記事

関連リンク

ページ上部へ戻る