レポート
2018.07.20

2018年7月19日 神戸海上保安部 夜間航行体験 花火大会を前に

花火大会を観覧するためのプレジャーボートが防波堤に衝突する事故を防ごうと、神戸海上保安部は19日、夜間航行体験を実施しました。

神戸海上保安部の管内では7月15日、漁港に入港する船が防波堤に衝突する事故が発生したほか、2016年と2012年に、花火大会を観覧するためのプレジャーボートが防波堤に衝突する事故が起きています。

今回、日没後に海上で他の船や防波堤がどのように見えるかを乗船して取材しました。 おととしの事故現場は、300メートルほどの距離でも防波堤の消波ブロックの存在が確認できないことが分かります。 また、6年前に事故が起きた現場では堤防の端を示す緑の明かりが街の明かりと重なって境界が非常に分かりにくくなっています。 神戸海上保安部では、花火大会の日に船から花火を観覧するのを自粛するよう呼び掛けています。

\ 記事をシェアしよう /
X LINE ニュースを共有

関連リンク

名称未設定のデザイン - 1
レポート
2024.07.10

地元の魚と触れ合う「とれぴちフェスタ」にいってきました!

淡路の海と漁業の歴史を体感する「漁具展示館『丸幸』」
レポート
2024.05.25

淡路の海と漁業の歴史を体感する「漁具展示館『丸幸』」

ページ内トップへ