2019年1月28日 28日は冬の「土用の丑の日」「神戸うなぎ」知ってる?

2019-1-30
海と日本PROJECT in ひょうご

28日は冬の「土用の丑の日」です。

年々貴重になっているウナギを身近に楽しんでもらおうと、神戸で養殖に取り組む会社を取材しました。

「土用の丑の日」といえば夏がイメージされますが、季節の変わり目を表す「土用」は春夏秋冬の年4回あり、28日は冬の「土用の丑の日」にあたります。

兵庫県神戸市西区の「神戸養鰻」では、50基の水槽で8万匹のウナギを養殖しています。
現在多く流通する二ホンウナギは稚魚の不漁で価格が高騰。

そこで神戸養鰻は味が変わらないとされる東南アジアのビカーラ種を養殖し、六甲山の水で「神戸うなぎ」としてブランド化を目指しています。

「神戸うなぎ」はまだ一部店舗でしか食べられませんが、今後は釣りや食事ができるテーマパーク構想もあるということです。

食通の芸術家・北大路魯山人は、うなぎがおいしいのは「一月寒中の頃のようである」とも。
厳しい寒さを乗り切るため、冬のウナギはいかがでしょう。

  • +1
  • 「2019年1月28日 28日は冬の「土用の丑の日」「神戸うなぎ」知ってる?」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://hyogo.uminohi.jp/widget/article/?p=1756" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://hyogo.uminohi.jp">海と日本PROJECT in ひょうご</a></iframe><script src="https://hyogo.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

ページ上部へ戻る
海と日本PROJECT in ひょうご
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://hyogo.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://hyogo.uminohi.jp">海と日本PROJECT in ひょうご</a></iframe><script src="https://hyogo.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>