5294d5afd0627c2c25c970961e40d32b

夜の砂浜を照らす竹灯籠 洲本市の海水浴場でライトアップイベント

兵庫県洲本市の海水浴場では、夜間、竹灯籠をライトアップするイ…
詳細を見る

最近の記事

お知らせ

【海プロ】鱧

2024-5-21

沼島のハモ 旬に向けて豊漁を祈願「鱧供養祭」

淡路島を代表する夏の味覚、ハモの豊漁を祈願する「鱧供養祭」が、南あわじ市で開かれました。南あわじ市・沼島のハモは6月から8月に旬を迎え、骨と皮が柔らかく、身がふっくらしていて甘いのが特徴です。7月ごろに最も脂が乗るということです。「鱧供養祭」は、本格的なシーズン到来を前に豊漁と商売繁盛を…
詳細を見る

イベント

すまうら水産

2024-4-24

2024年 潮干狩り

今年も、潮干狩りの季節がやってきました。 大人も子供も、宝探しのように夢中になってしまう潮干狩り。 砂の中の貝を探し、潮の干満を体感し、貝を調理する。潮干狩りは、学びがいっぱいです。 ゴールデンウイークなど、休日のお楽しみにいかがでしょうか! <2024年 県内の潮干狩り場(…
詳細を見る

レポート

0417

2024-4-17

海の環境保全 南あわじ市の小学生が「ナマコ」を放流

ヘドロを浄化する作用があるナマコを放流し、豊かな海を再生させようという取り組みが南あわじ市で行われました。 この取り組みは南あわじ市が企画したもので、福良小学校の3年生の児童24人が参加しました。 福良湾では、数十年前から海底に溜まったヘドロが問題になっていて、今年度完成予定の防波堤の整…
詳細を見る

番組情報

サクラマス

2023-12-19

稚魚約7000匹放流 春の味覚「淡路島サクラマス」養殖始まる 1キロ以上に育て

春の味覚で特産品として力を入れている「淡路島サクラマス」の養殖が、兵庫県南あわじ市で12月16日に始まりました。 午前7時過ぎ。 南あわじ市の福良港では、養殖用のいけすに「淡路島サクラマス」の稚魚約7000匹が放流されました。 南あわじ市では、「3年とらふぐ」がシーズンを終える3月から「ハモ…
詳細を見る
ページ上部へ戻る
海と日本PROJECT in ひょうご
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://hyogo.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://hyogo.uminohi.jp">海と日本PROJECT in ひょうご</a></iframe><script src="https://hyogo.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>