レポート
2019.11.17

南あわじ市で「ウミホタル」の観賞会

南あわじ市では、夜の海に美しく光るウミホタルの鑑賞会が開かれています。

ライトアップされたかのような兵庫県南あわじ市の阿万海岸。 夜の波打ち際を幻想的な青い光が彩ります。

この光、冬の風物詩のイルミネーションではなく、大きさわずか3ミリほどのウミホタルが作り出しているものです。

ウミホタルは日本固有の生き物で、春先から寒くなる11月末ごろまでが活動期間で、外敵から襲われたり求愛の時に青い光を放ちます。

南あわじ市は国内でも数少ないウミホタルの生息地で海水浴シーズンが終わったあとの観光客誘致に繋げようと、10月から鑑賞会を開いています。

南あわじ市でのウミホタルの鑑賞会は、11月いっぱい金曜日と日曜日に開催されます。

\ 記事をシェアしよう /
X LINE ニュースを共有

関連リンク

名称未設定のデザイン - 1
レポート
2024.07.10

地元の魚と触れ合う「とれぴちフェスタ」にいってきました!

淡路の海と漁業の歴史を体感する「漁具展示館『丸幸』」
レポート
2024.05.25

淡路の海と漁業の歴史を体感する「漁具展示館『丸幸』」

ページ内トップへ